バイオリン🎻を始めたきっかけを人に話した時に深い話ですねと言われて、記事にしてみました。

🎻を始めてから必ずと言っていい程、🎻を始めた理由を聞かれる様になりました。同級生の友人、仕事関係の人、🎻サークルで新しく知り合った人達などからです。気になるのは当然と言えば当然で、大人から突然🎻を始めれば自分が逆の立場だったとしても、気になって相手に理由はきっと尋ねることでしょう。

何故、🎻を始めたか?

こちら→〜VIOLIN🎻の道〜の記事にも書いている様に、音楽は小さい頃から、そして大人になった今でも音楽が好きな度合いは全く変わらず大好きです。しかし、音楽は毎日聴いてはいるものの、🎻は勿論のこと楽器を始めようとは全然考えていなかったですし、思ってもいませんでした。楽器(🎻)を始めようと決心した、決心させた大きな1つの理由、きっかけがあったのです。

🎻を始めたきっかけは婚活

それがタイトルの通り、バイオリン🎻を始めた1番のきっかけ、それは婚活🎻でした。🎻と婚活が直接関係している訳ではありませんが、🎻を始めることにした1番のきっかけは婚活にあったのです。そして、🎻からは話が少し逸れて婚活の話になります。

初めての婚活

婚活を始めたのは一昨年の年末頃からで、具体的な方法は婚活パーティーに行くことでした。都内通勤、都内寄りに在住と言うこともあって、都内の婚活パーティーに数多く参加してきました。あまりに行き過ぎて同じ人に会うことも何人かいるなど、これまでに会って話してきた人数は数百人。婚活パーティーも色々ありますが、参加してきたのは一対一で10分にも満たない短時間で10数人〜30人程と話す形式のものでした。自分のスマートフォンや、会場で貸し出すタブレットの専用のアプリに職業、身長、出身、趣味、年収など、そして最後に自己PR欄に予め記入しておき、その画面を参考に見ながら相手と話をすると言うものです。共に重視するのは、やはり話していて楽しいとか、会話が弾むとかの相性だと思います。婚活目的でお互い参加しているので、職業の話もしますが会話の内容を占める割合としては多く無い様に思いますし、他には出身地の話など。自分の場合は沖縄出身で少し珍しいせいか、ほぼ全員の方との会話で沖縄の話は出ますし沖縄良いですね、と言われてきました。

最も大きな割合を占めるのが、好きなことや趣味の話題

しかし、結局のところ誰とでも、好きなことや趣味に関する話が中心になります。先に述べたように、多くの人が相性が合うかは気にするはずで、当然、相性が合わなければ話をしていても楽しくありません。そして、相性が合うかどうか、話をしていて楽しいかどうか、会話が弾むかどうか、それに最も関係してくるのが好きなことや趣味に関する話なのです。例え、好きな事や趣味が全く異なっていても、お互いに関心があれば、それはそれで会話は弾むようになります。もし同じであれば最初から会話は弾みますし一緒に楽しめますが、必ずしも最初から共通している必要はないのです。

疑問を感じ始める(好きなこと=趣味?)

会話の内容のほとんどが休日の過ごし方や、休日に何をしているか、何をするのが好きかなどの、やはり趣味に関わる話な訳です。これまで本当に多くの様々な方と話をしてきて、好きなことや趣味に関する内容で最も多く耳にしてきた内容を挙げると、

・美味しいものを食べるのが好き
・旅行が好き(国内、海外問わず)

この2つが断トツに多くて、ほとんど全ての人に共通していました。他にはカフェ巡り、ショッピング、ディズニーが好きなど。音楽、映画が好きと言う人も多く、これは多くの人がそうだと思いますし、自分にも当てはまります。また、ヨガをしていると言う人も多い様に思いました。更に他には、今の時代を象徴するかの様にスマートフォンでのゲームが好きと言う人、御朱印集め、登山、ボルタリング、ジム、ゴルフなど。寝るのが好きと言う人もいましたが。今思うと、料理が好きで料理が趣味と言う人とかは記憶にないです。音楽(楽器)に関して言うと、昔はピアノをやっていたと言う人も多いです。しかし、実際に今、現在も続けてやっていますと言う人は皆無でした。そして、こう思ってきました。好きな事や趣味に関する話をしているものの、単に好きな事だけを挙げる人がほとんどで、しかもその内容は上記の様に誰も似かよっていて、趣味と思われる様な話が全く無いのです。

何も無い

そして、毎回同じ様なこの様な好きな事(趣味?)の話を数百人としてきて、次第にこう思ってきたのです。一言で言うと、何も無い。頑張っていること、夢中になっていること、心から楽しんでいることが何も無いから、敢えて言う必要も無い当たり前のことしか言えない。

・美味しいものを食べるのが好き←誰だって美味しいものを食べるのは好きに決まっています。だから、敢えて言う必要は全く無いと思うのです。
・旅行が好き(国内、海外問わず)←中にはインドア派の人もいますが、これも基本的に多くの人に当てはまると思います。国内でも良いところは沢山ありますし、国外なら尚更です。だから、これも敢えて言う必要は無いと思うのです。

自分がこれまで答えてきた時は、「美味しいものを食べるのが好き」と言ったことなど一度もありません。言う必要が全く無い当然のことだからです。旅行は嫌いではないですが、元々、それほどアウトドアなタイプでは無いので旅行が好き、趣味と話したことも一度もありません。では、何て回答してきたかと言うと、音楽聴くのが好き、映画が好きくらいでした。そう、これだけ。他に何も無いので、これだけしか言えないのです。

趣味らしい趣味、堂々と言える趣味が無い(欲≠趣味)

美味しいものを食べるのが好き、旅行が好き、カフェ巡りが好きなど、多くの人が答える内容が同じで特徴が無い、個性が無い、夢中になっていること、頑張っていることが無い、だからみんな同じ様に見えてしまう。頑張っていること、夢中になっていること、心から楽しんでいることがあれば、決して、美味しいものを食べるのが好きなどと言わない筈なのです。趣味を単に好きな事(欲)に置き換えているだけで、多くの人に趣味らしい趣味が無いと実感しました。自分も同じで、音楽を聴くのが好き、映画が好きとしか言えず、多くの人がそうである様にあまりにも普通過ぎてこれは趣味と言えるのだろうかと。趣味らしい趣味、夢中になって楽しめていて堂々と言える趣味が何一つ無い。多くの人に対して趣味らしい趣味が何も無いと思いながら、自分も何も無いと考えさせられました。学生の頃であれば部活などで本当に楽しめることがあり、特に趣味のことを意識したりもしませんでしたが、大人になると、その様な機会もなくなり本当に楽しめることを見付けるのが難しくなります。

堂々と言える趣味らしい趣味を始めてみようと決心する

人から珍しく思われる様な趣味を始めてみようと思った訳では全くありません。婚活を通して趣味について深く考えさせられました。そして何か始めようと決心したのです。1度きりの人生で堂々と趣味と言えることが何一つ無いのは非常に勿体無くて、焦りを感じた程でした。

🎻を始めようと決心する

そして、何か始めてみようと決めた時に、昔からの音楽好きな要因が加わって、楽器を始めてみようと思ったのです。本当に小さい頃に少しだけピアノの習い事の経験はありますが、今となっては楽譜も分からないので、何の楽器を選んでもスタートは同じと言う事、そして、持ち運びが出来て、上達したら何処ででも弾けて楽しめる楽器が良いと思った事。何故か不思議と管楽器はあまり候補に浮かびませんでした。管楽器ならフルートとか非常に憧れてしまいますが、真っ先に浮かんだのが🎻だったのです。たまにギターではなかったのですか?と聞かれることもありますが、ギターは全く興味がありませんでした。🎻だけが自分の理想と希望を全て満たしていました。持ち運びも勿論出来て、上達すれば何処ででも弾ける。そして最大の魅力は🎻特有の非常に綺麗な音。そして、🎻を始める事に決めたのです。

婚活が🎻との出逢いを与えてくれた

婚活で多くの人と話をしてこなければ、趣味についてこの様に考えさせられることもなく、🎻など始めることはなかったと言えます。これまでは、毎月の定期的な用事など何一つありませんでしたが、今では、毎月の一対一でのレッスンに、また、都内で活動しているアマチュアの🎻サークルにも参加させて頂いているので、そこでの練習、そして自主練習など、生活の中に非常に楽しくて追求出来ることが1つ加わり、また新たに🎻繋がりで多くの人とも知り合う事が出来ました。

🎻が趣味と堂々と言える様に

たった1つ、唯一の趣味ですが、🎻の難しさを考えれば🎻だけで十分と思っています。また、🎻を始めてからは以前と比べて婚活パーティーに行く機会は本当に減りました。婚活パーティーに行くよリも🎻を弾いていた方が楽しいですし練習をしていたいからです。とは言え、🎻を始めてからも何回か婚活パーティーには参加しました。ある時、初対面の人との会話で、こう言われたのが印象に残っています。「🎻の話をしている時、いい表情していますね」と。音楽、映画が好きですとしか言えなかった時は、一度もそんな事は言われませんでした。事実、🎻を本当に楽しんでいますから、話している最中に楽しい感じが伝わったのかもしれません。そして、今では趣味を聞かれても堂々と🎻と言える様になったのです。

最後に、とても不思議な出来事

以前、仕事で知り合った人と昼食を食べていた際に、趣味の🎻の話をしていてこう言われました。「だから、LINEのプロフィール画像が🎻なんですね」と。そう言えばLINEで使っているプロフィール画像は小さな女の子が🎻を抱えている画像なのです。LINEを使い始めてからずっと同じ画像なので、今よりもだいぶ前、遥か数年前のLINEを使い始めた頃に、何か良いお洒落な画像を登録したくて探して見つけたものでした。海外のサイト→https://www.deviantart.com/で様々なクリエーターの人達が画像を公開しているのですが、とてつもなく膨大な画像があります。その中で本当に偶然ですが目に入って何となく良いと思って選んだ画像でした。🎻を始めた今となっては本当に不思議ですが、この頃から無意識に🎻に対しての憧れがあったのかもしれません。

その画像がこちら→https://www.deviantart.com/caryandfrankarts/art/A-Serenade-Especially-for-You-My-Love-415591050


婚活がバイオリン🎻との出逢いを与えてくれたのです、伴侶との出逢いではなくて・・・